原作は東野圭吾さん、主演は福山雅治さんの映画「真夏の方程式」を観ました。

普段、冷静な湯川先生も子供のためなら感情が揺さぶられるのか・・・
殺人事件との関係。

映画館では観なかったので、楽しみにしていました。
なんせ福山雅治ファン歴10年以上の私。

であれば映画館に行けよ!ってことですが、そこはご愛嬌。
でも、動画配信サービスで「真夏の方程式」を視聴できたのは嬉しかったです。

今回の東野圭吾作品は物理学とはあまり関係がなかったような気がしますが、
ストーリー展開には心が刺さるものがありました。

吉高由里子さんもいい味を出してます。
日本映画は面白い!